FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵を描くということ

 絵を描くということを趣味として活動していると、たまに聞かれることがあります。
「どうしたらそんな絵が描けるの?」とか、そんな感じの質問です。
 そう質問されたら自分はたいてい「描いてりゃうまくなるさ」と答えるのですが、絵がうまくなりたい人には描くべき絵とそうでない絵があるのをご存知でしょうか。

 描くべき絵というのは、自分の描けない構図やポーズ、キャラクターの絵。
 そうでない絵というのは、自分の描きなれている構図やポーズ、キャラクターの絵。

 好きこそものの上手なれと言いますが、それは好きなもののためだったらいやなことでもできちゃうっていうのが理由で、決して自分の好きなことだけやってればそれがうまくなるわけではないんです。
 ハマっているゲームにだって苦手なステージがあったりするのと同じ。そのステージをクリアしないと先には進めない。その苦手なステージの前のステージでどんなに頑張ってもクリアはできないんです (RPGだったらレベル上がって先に行きやすくはなってるだろうけど)

 ……とか何とか言ってますが自分もあまり実行できてないので偉そうなことは言えません。だから絵も成長してないんですよ。ええ。

 大切なのは気力だと、最近は割と本気で思ってます。
 あと絵が上手くなりたいのに自分程度の人に絵の描き方聞いてもどうしようもないんじゃなかろうか。ううむ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どりーむぼうる

Author:どりーむぼうる
俗に言う底辺絵師。
好きなものばかり描く所為で画風が偏りがち。
しかも安定しない。
プロ絵はRPG用になんか作っていた顔グラ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。