FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう第四話ですってよ

せーらちゃん
せーらちゃん回

とてもへいわ(当社比)
追記よりどうぞ。

どうでもいいけど聖羅ちゃんの台詞回しが難しい。
~4~

プレイヤー(以下プレ)「こんにちは。今日はボクの担当らしいです、プレイヤーです。睡眠薬を盛られたみたいで気が付いたら縛られてました。助けて下さい」
??「助けを呼ぶ声がする! はっ、私参上!!」
プレ「あ、良い所に! その剣で縄を切って下さい」
??「おやすいご用だぞ!」
プレ「はぁ……助かりました。と、いうわけで今回のゲストは星ヶ崎 聖羅さんです」
聖羅「うむ、望む所だ!」
プレ「宜しくお願いします……でしょう?」
聖羅「宜しくお願いするぞ!」
プレ「はい頑張りましょう」

プレ「ではまず恒例のどうしてこんな隊に入ったのかをお聞きしましょう」
聖羅「ふふふ…それはだなぁ~」
プレ「そんなにもったいぶるような理由なんですか?」
聖羅「この世の不純である(ピー)を(ピー)で(ピー)して正義を貫くためだ!」
プレ「ちょ、ストップストーップ!! 何ですかその放送禁止用語の詰め合わせみたいな理由は! そんな台詞吐く方がよっぽど不純ですよ!!」
聖羅「……と、隊長に言われて入った」
プレ「あいつか……。駄目ですよ聖羅さんインダストリィの言ったことに耳を傾けちゃ」
聖羅「どうしてだ?」
プレ「あいつの言う事の8割方は嘘と相場が決まってるんです」
聖羅「相場?」
プレ「とにかく、あいつの言う事には耳を傾けないように。ついでにその物騒な特技も消しておきなさい。ほら、僕の特技複製してあげますから」
聖羅「えぇ~、せっかく強い技覚えて敵をたくさん倒して正義を貫いていたのに」
プレ「そんな正義がいてたまるもんか」

プレ「ところで、聖羅さんは結構良い所のお嬢様だとお伺いしましたが」
聖羅「うん! 世界が知りたくて抜け出してきたぞ!」
プレ「もし親御さんがこれを聴いていたらどうします?」
聖羅「え?」
プレ「え?」
聖羅「これを聴いている可能性が……ある?」
プレ「一応全国放送なので」
聖羅「……まぁ、正しいことをしているから許してもらえるだろう!」
プレ「全く正しくないので怒られますね」
聖羅「北斗七連突!」
プレ「うわっ、何するんですか!」
聖羅「私の行動を悪とする者に正義の鉄槌をと思って」
プレ「その行動自体が悪だと思うんですけど」

聖羅「そう言えばこの前隊長に言われたのだ」
プレ「インダストリィに? ……何をです?」
聖羅「この角で(ピー)に(ピー)した方が効果あるんじゃないかって」
プレ「二重の意味で浄化されそう……というかいろんな意味で危険ですから止めて下さい」
聖羅「一度試してみようかと思ったが、やめた方がいいのか」
プレ「間違ってもボクで試そうなんて言わないで下さいね」
聖羅「ん? ……うん」
プレ「今なんか凄く不快な気分になった」

聖羅「そうそう、前回の放送聴いたぞ」
プレ「あぁ、血華さんがゲストの回ですね」
聖羅「あれ最後凄かったな!」
プレ「壮絶でしたね。ボクはこの番組収録が始まってから未だに彼に会ってないんですが無事なんでしょうか」
聖羅「きっと綺麗な身体になって帰ってくるさ」
プレ「それはあれですか? 去勢とかそっちの意味ですか?」
聖羅「?」
プレ「いや、分からないならそれで良いんです」
聖羅「あの時美味しそうな紅茶が出ていて、私はその紅茶目当てで今日来たのだが今日はでないのか?」
プレ「あれは彼が紅茶好きというのもあって彼が用意した物ですから……というか紅茶目当てで来てたんですね」
聖羅「そうか、残念だな。ついでに美味しい紅茶の入れ方も教わろうかと思っていたのに」
プレ「煎れ方ですか」
聖羅「自分でやったことが無くてよく分からないのだ」
プレ「それなら後で教えてあげましょうか? ついでに本も貸してあげます」
聖羅「おぉ、太っ腹だな!」
プレ「ボクは太ってはいないですよ」
聖羅「?? そう言う意味で言った訳じゃないぞ?」
プレ「分かってます。そう言うフリですから合わせて下さい」
聖羅「よく分からないが分かった」
プレ「分かってないですよね」

プレ「えー、今回もそろそろ終わりの時間がやって参りました」
聖羅「お疲れ様だな!」
プレ「お疲れ様でした。それでは第四回ちんこけり隊いんたびゅーを終わります」
聖羅「さて、紅茶の入れ方を教えて貰う約束だぞ!」
プレ「はいはい。じゃあ一緒にボクの家まで行きましょうか。家に帰れば紅茶も煎れてあげられますし」
聖羅「やった!」

~閉幕~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どりーむぼうる

Author:どりーむぼうる
俗に言う底辺絵師。
好きなものばかり描く所為で画風が偏りがち。
しかも安定しない。
プロ絵はRPG用になんか作っていた顔グラ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。